理学療法士とは

理学療法はリハビリテーション医療の中核となる分野です。社会の発展にともない、疾病や障害が複雑化し、多様なニーズの中で、質の高い理学療法士を養成する大学の必要性はますます高くなっています。本学の理学療法学科は、社会の要請に応えるべく、質の高いリハビリテーション実施のための優れた人材を育成します。また、保健医療福祉関連機関との共同研究・開発、地域との連携を行い、開かれた大学として、わが国の発展に寄与し、世界に貢献することを目指しています。

理学療法により夢や希望を達成した時の笑顔を共有する喜び。

理学療法士は、何らかの原因で体が不自由になった方々の運動能力の低下に対し、機能的側面、環境の整備などから各自の生活を再建することに力を注いでいます。その関わりの中で十分なコミュニケーションを通じ、お互いの考えを理解し、ひとつの目標に向かって努力していくことになります。その過程や結果として、両者に笑顔が自然に生まれてきます。我々はこの笑顔を大切にすることを常に心掛けています。本学科は身体的だけではなく、精神的な支えにもなれるような理学療法士の養成を目指しています。

高齢化の進行とともに、疾病の予防や体力向上等の健康への関心が高まり、在宅ケアの進展などに伴い保健医療に対する要求が増大しています。このため高齢者に対して多様な保健医療福祉サービスを適切に組み合わせて適時提供できる体制作りと、これらのサービスを担うマンパワーの養成が急務となっています。特に、高齢化に伴い生じる身体機能に障害をもつ人々に対する医療機関や地域社会での質の高いリハビリテーションサービスが求められています。少子高齢社会が進展する中で、理学療法の大学の必要性は高いものとなっています。こうした社会的要請に応えていくための研究開発と人材育成を行うと共に、地域との連携、保健医療福祉現場等との共同研究を行い、開かれた大学として我が国の発展に寄与し、世界に貢献することを目指しています。

健康科学部理学療法学科では、
一、豊かな人間性と倫理性を培い、人間の尊厳を最重要視できる人格を備える
二、確かな評価技術と評価結果を基にした目標設定能力、実践・分析能力を養う 
三、保健医療福祉をはじめ様々な分野で活躍できる基礎的理学療法実践力を養う 
四、理学療法に関する新しい専門技術の導入や開発に必要な科学的探心と能力を養う 
五、国際化に対応し得る幅広い視野と知識・行動力を養う
ことにより、障害者、高齢患者に加え、健常者の疾病予防に至る包括的な能力を備えた理学療法士を育成します。

了徳寺大学はここが違う!

  1. 豊富な臨床・教育・研究経験を誇る教員のチームワーク。
  2. 日本最大級の広い実習室と豊富な実習備品。
  3. 最新鋭三次元動作解析装置など充実した測定機器。 
  4. 2クラス編成とし、複数教員による実践的技術を習得。 
  5. 地域リハビリテーションに関する授業・実習が豊富。
  6. スポーツリハビリテーションの第1線で働くPTが教える授業・実習。
  7. 臨床実習でも地域リハビリテーション関連施設を確保。
  8. 学外臨床実習施設は主に関東近辺。全国的にも高いレベルの実習施設。
  9. 学生をきめ細かく指導するアドバイザー制度を導入。
  10. 芸術系科目も履修可能。

入学から卒業、そして卒業後も、一貫して親身なのは了德寺大学